2018年3月25日日曜日

2018.03.25 自然農田んぼ塾会議


自然農田んぼ塾会議議事録

日時:2018325日(日)PM2:003:30
場所:里山情報館 
参加者:9

議題1 アカガエルの卵塊調査(江原さんより報告)
2/114個の卵塊を確認。その後寒波が襲来し2月末までに8個を確認。
3月に入り4日に216個、12日に258個を確認する。
昨年は234個、一昨年は218個、2015年以降200個台の数値に落ち着いている。
2015年以前は600台、800台の年もあった。産卵場所の変化か、親個体の減少が原因か、アカガエルに聞いてみたい。

議題2 食味検査、前回試食用の米(ABC)を渡し5名の方から結果を提出してもらった。検査項目は、外観、香り、味、口当たり、粘り、柔らかさ、総合評価で良から良くないまで5段階評価
A(コシヒカリ)
外観:良2、やや良2、ふつう1、香り:良2、やや良2、ふつう1
味:良3、やや良1、ふつう1、口当たり:良2、やや良2、ふつう1
粘り:良3、ふつう1、やや良くない1
柔らかさ:良3、ふつう1、やや良くない1
総合評価:良3、やや良1、ふつう1
B(トヨサト)
外観:良1、やや良1、ふつう2、やや良くない1
香り:良2、ふつう3、味:良2、ふつう2、やや良くない1
口当たり:ふつう3、良1、やや良くない1
粘り:良1、ふつう1、やや良くない2、良くない1
柔らかさ:良1、ふつう3、やや良くない1
総合評価:良1、やや良い1、ふつう1、やや良くない2
C(イセヒカリ)
外観:良2、やや良い1、ふつう1、やや良くない1
香り:良2、やや良い1、ふつう1、やや良くない1
味:良2、やや良い1、ふつう2、口当たり:良2、やや良い1、ふつう2
粘り:良2、やや良い1、やや良くない2
柔らかさ:良2、ふつう2、やや良くない1
総合評価:良2、やや良い1、ふつう2
総合評価だけで見ると、A(コシヒカリ)>C(イセヒカリ)>B(トヨサト)の順であった。
また炊き立てと冷えた状態での味の比較は行っていない。昨年、キャンエコの活動日にコシヒカリとイセヒカリを食べ比べた時は、イセヒカリが優位だった。(甘いという意見があった)

議題3 2017年度の結果と2018年度の計画
2017年度の結果
(1)     種もみの発芽率~2017年は種まき後稲わらを大量に敷いた結果、発芽率は2040%と大幅に低下した。
(2)     玄米の反収~2017年度は、夏場から秋口にかけ雨量が多かったことから前年に比べ増収となった。
(3)     SRI実験~間断灌漑と常時湛水、トヨサトと緑もちの比較を実施。間断灌漑の開始時期が早く初期の成育に差が生じた。トヨサトと緑もちの比較では、トヨサトは間断灌漑、緑もちは常時湛水が優った。
(4)     直播実験~2.7cm5.4cm8.1cmの間隔で筋蒔きをした。発芽率は2040%、反収は5.35.8/
2018年度の計画
(1)     種まき~苗代Ⅰ(半溜め堤防北側)4/14,4/15(田んぼの学校と協働)種まき後は防虫ネットを架ける。
苗代Ⅱ(半溜め堤防南側)4月下旬(竹園高校と協働)種まき後は枯草、鳥除けネットを敷く。
(2)     SRI実験~間断灌漑に開始時期を遅らせる。それ以外は2017年度と同じ条件。
(3)     直播実験~2.7cm5.4cm8.1cmの間隔で1か所に3粒まきの所を設け発芽率100%を目指す。
(4)     開墾と米づくり(古代米プロジェクト)~竹園高校の生徒と先生、自然農田んぼ塾のメンバーで12/3から2/17まで4回の作業を行った。3/31里山情報館にて学習会、4月下旬種まきを予定している。

次回の自然農田んぼ塾会議は、5/27PM2:004:00 里山情報館
また苗代の整備3/31AM10:002:00,4/8PM1:304:00を予定しています。
菊地敏夫




2018年1月28日日曜日

2018.01.28 自然農田んぼ塾会議

自然農田んぼ塾会議議事録
2018.1.28参加者:9

1)2017年産米の反収  数字の単位:俵/反、( )書きは2016年実績
まんげつもち4.9=田んぼの学校 2.6=自然農田んぼ塾、2016年:3.8
おくのむらさき1.51.3
水口農園の黒米4.5=田んぼの学校 3.4=自然農田んぼ塾
はまかおり2.93.2
神丹穂3.42.4
いせひかり2.1
SRIトヨサト6.1=間断灌漑 4.6=常時湛水、4.9間断灌漑)
SRIトヨサト5.6=間断灌漑、2.7間断灌漑)
SRI緑もち5.2=間断灌漑 6.6=常時湛水
SRI緑もち5.5=間断灌漑
直播トヨサト5.62.7cm間隔) 5.85.4cm間隔) 5.38.1cm間隔)

2)12/20 J-SRI研究会での報告
2015年~乳苗移植と成苗移植の比較:反収比1.2
2016年~SRI圃場を増やす。反収比1.51.8
2017年~間断灌漑と常時湛水の比較、品種を増やす(緑もち)、乳苗と中苗の比較
結果
トヨサトは間断灌漑、緑もちは常時湛水の成育が良かった。
間断灌漑が有利と想定していたが、春先の夜間の冷え込みが苗の成長に影響を与えた。
常時湛水では、影響が少なかった。初期の成育の影響が後まで響いたのが緑もち、途中で逆転したのがトヨサトであった。今年は間断灌漑の開始時期を遅らせ初期成育を同じ条件にする。
またJ-SRI研究会のモニタリングシステムに地温、水温を追加してもらう。

3)直播トヨサトの反収および2018年の圃場配置計画
3cm間隔、6cm間隔の反収、発芽率を2015年と2017年で比較する。
今年は、1か所3粒蒔いて後で間引く。これによって発芽率の向上を図る。

4)大麦の移植
畔に大麦を播き、田んぼに移植した。
麦を蒔く理由は、大麦の根が伸長することで土が豊かになり、麦わらは敷草として利用する。

5)2018年の作付け案
田んぼの学校~黒米を止めてしめ縄用の苗を植える。
種まき~苗代Ⅰ4/14,15

6)種もみの準備量
必要最低限の3倍を用意。種まきはバラマキ。

7)食味検査
お米ABC1合ずつ参加者に配り、自宅で食べ比べてもらう。
次回の会議で評価表を回収。

8)開墾と米づくり(古代米プロジェクト)
1/27 竹園高校の奈良先生と生徒5名、自然農田んぼ塾のメンバー7名で畔づくり、均平化作業を行った。作業後ピザとパン焼き。
次回:2/17(土)13:3016:00

次回の会議:325日(日)14:0016:00

  
 


2017年11月19日日曜日

2017.11.19 自然農田んぼ塾会議

自然農田んぼ塾会議議事録

参加者:9

1.  123日の「開墾と米づくり」オリエンテーションについて
集合場所:ふれあい農園脇の小屋
集合時間:9時半
スケジュール
10:0010:05 挨拶(嶺田塾長)10:0510:15自己紹介 10:1510:25開墾と米つくりの手順(逢坂)
10:30~作業開始、草を刈って表土を出し刈った草は外に出す。小雨決行、大雨の場合は里山情報館で学習会。
次回の作業予定日:1216日(土)10:0012:00
今回、竹園高校の高校生と引率の先生が参加されます。クラブ活動の一環として生徒たちに開墾・農作業という体験を通して、環境について考えるきっかけになればと願っています。また親・教師以外の地域の大人とのコミュニケーション力も育んでもらえればと思います。温かい目で見守って下さい。

2.  脱穀作業の状況について
既に脱穀が終わった品種:まんげつもち、玄米で100kg以上、黒米、玄米で27kg、コシヒカリ、玄米で10.8kg、はまかおり、玄米で30.75kg
残りの品種、脱穀予定:黒米(田んぼの学校:12/2午後)、いせひかり(11/26AM,PM)緑もち・紅染もち(12/10
収穫祭(11/26)に向けて、小屋の中にあるまんげつもちを22kg位精米にする(菊地)11/20予定
1月の会議の際に食味比較用のお米(こしひかり、いせひかり、とよさと)を出席者に配布します。
また今年収穫したお米を格安で販売します。

3.  SRI栽培と直播栽培の経過報告
常時湛水と間断灌漑の比較については、間断灌漑の開始時期が早かったため初期の生育に差が生じた。初期は常時湛水の方が生育が良かった。夜間の温度差の影響が考えられる。トヨサトと緑もちの品種による違いもトヨサトは間断灌漑で生育が良く緑もちは常時湛水で生育が良かった。
直播栽培については、発芽率が低かったため3cm間隔のイネが収量が多いように見えた。来年は、畝の向きを東西から南北にする。

4.  田んぼの学校から
129日(土)13:3015:30 かかし送り 114日(日)ならせ餅 10:0014:00
1126日(日)10:3013:30収穫祭

次回、田んぼ塾会議:128日(日)PM2:004:00 里山情報館
内容:はまかおりのお団子、黒米、はまかおりの甘酒、開墾スケジュールなど
菊地敏夫


 

2017年9月24日日曜日

2017.09.24 自然農田んぼ塾会議

自然農田んぼ塾会議議事録

                             事務局 菊地敏夫
日時:2017924日 14時~1630
場所:里山情報館
参加者:9

1.    開墾、米づくりのリーフレット(案)について
本来、開墾・米づくりは筑波学院大の学生を予定していたが参加者が集まらないため広く一般に呼びかけることになり、宣伝ツールとしてリーフレットの作成を検討した。
知人のT氏に2回ほど宍塚に来てもらいたたき台を作成し、皆さんの意見を伺った。

意見A:条件として1年を通して参加ができること、ではハードルが高すぎないか。なるべく参加できる方、とかハードルを下げた方が良いのでは。
意見B:自然農田んぼ塾のメンバーとの違いは?特に会費について書かれていない。
→自然農田んぼ塾の活動の1つでメンバーも重複する。従って会費も2000円徴収する。
意見C:今年だけの募集なのか?申し込み期限が書かれていない。
→今年に限っての募集で、申し込み期限は11月末とし12月初旬に説明会を行う。
意見D:地図内の表示の校正。イナリヤシ→イナリヤツ。ヒルタヤシ→ヒルタノヤツ。栗崎遺跡→不要。
里山情報館を強調し、田んぼまでのコースを点線で。バス停を入れる。道が見ずらい。

2.    リーフレット制作費用の捻出
見積書によると制作費67,000円、印刷費(500部)8,900円、合計75,900
田んぼ塾の予算は9万円、既に籾摺り機の修理に4万円使い、今後地代3万円、土壌分析費3.5万円が,予定されており、制作費に回せる分はない。
今年度、茨城県社会福祉協議会の市民活動助成金が8万円下りているが、申請内容にリーフレットの作成は含まれておらず、現在事務局に申請内容の変更を打診している。

3.    SRI栽培実験の経過報告
今年のテーマは、常時湛水と間断灌漑の比較、トヨサト(水稲)と緑もち(陸稲)の比較、乳苗と中苗の比較であったが、6月の夜間の冷え込みがきつく常時湛水の方が生育が良かった。来年は間断灌漑の時期を遅らせる。

4.    直播栽培の経過報告
3、6、9cm間隔で直播を行ったが、発芽率30%と低いが生育は順調。来年は、発芽率を100%近くまで上げるため種を多め(1か所に3粒ほど)に蒔いて、発芽後苗が1か所に1本になるよう間引く。

5.    稲刈りのスケジュール
田んぼの学校:10/14PM,10/15AM,PM,10/21AM,PM,10/22PM 
AM9:3012:00PM1:304:00
自然農田んぼ塾:10/21AM,PM,10/22AM,PM,10/28AM,PM,10/29AM,PM
脱穀・唐箕
田んぼの学校:11/3AM,PM,11/11AM,PM,11/12PM

次回の自然農田んぼ塾の会議:1119日(日)14:0016:00 里山情報館



2017年7月22日土曜日

7/22 自然農田んぼ塾会議

自然農田んぼ塾会議議事録
日時:7月22日(土)14:00~16:00 里山情報館
参加者:9名

議題1:SRI栽培実験の経過報告~逢坂氏より説明。
 今年は、常時湛水と間断灌漑の比較、乳苗移植と中苗移植の比較、うるち米ともち米の比較を行っている。来年は間断灌漑の開始時期を遅らせることを検討する。(常時湛水に比べて生育が遅いため)






PDFはこちら SRI栽培実験について

議題2:直播栽培実験の経過報告~逢坂氏より説明。
 均平化の凹凸は1mm程度。種まきは、すじまきで2.7、5.4、8.1の間隔。
 発芽率の悪さは、稲わらを多く被せすぎたため重みで種もみが沈んだため。
 現在は、順調に生育中。





議題3:モニタリング機器設置~逢坂氏より説明。
 J-SRI研究会のM氏より設置依頼があり、6月24日に設置。
 雨量、温度、水位、日射を自動測定しデータをサーバーに送信している。
 同様の機器が、インドネシア、フィリピン、タイ、日本に設置されている。



議題4:大池の水の分析結果~逢坂氏より説明。
 窒素全量が、1ppm基準に対し1.13ppmで問題はない。
 窒素は、土壌から吸収される方が多い。
 マグネシウム、カルシウムは灌漑水から供給される。


PDFはこちら 灌漑水分析結果証明書


議題5:自然農を普及させるために~Kさんより話題提供。
 病気やアレルギー、食と命、地球温暖化、様々な問題が発生している。
 意識の高い人や子育て中の母親たちにもっと自然農を広めていきたい。
 生協などに呼び掛けてみてはどうか。

 自然農は、少量で流通には適さない。自宅のわずかなスペースで自給的に栽培する農法。
 初めての人でも簡単に技術を習得できる場として田んぼ塾を活用してみてはどうか。
 耕作放棄地を開墾して米作りをする計画が筑波学院大の学生を対象に進んでいる。
 これに一般の人も加えてみてはどうか。等々活発な意見交換が行われました。
 次回の会議までに事務局で案を練り上げる。

 次回会議:9月24日(日)PM2:00~4:00 里山情報館
 






2017年5月27日土曜日

5/27 自然農田んぼ塾会議

自然農田んぼ塾会議 議事録
5月27日(土)参加者 11名

1.今年の種まきと来年への課題
 今年の種まきは、種まき後稲わらを被せた。その結果稲わらの重みで種籾が沈み、酸欠状態となり発芽が悪かった。(発芽率:30~40%)来年は稲わらを被せず、保温用のシート(不織布)を被せる。
 種まきの方法は、種まき具は効率的ではあるが小さな子供には難しいのでバラマキ方式にする。(目安として苗箱1つのスペースに30g程度)

2.田植えのスケジュール
 田んぼ塾の田んぼ:6/8AM,6/10AM,6/11AM,6/15AM
 田んぼの学校:6/3PM,6/10PM,6/11AM,さなぶり:6/11PM
 円農あたいの田んぼ:5/25~27,6/1~4
 田んぼの学校の参加者:23家族、畦の壊れた所を補修と排水の為の溝堀を5/28に行う。
 田植え後には抑草効果のための米ヌカを100kg投入する。

3.伊藤さんの田んぼの状況
 マンゲツモチ、コシヒカリとも田植えは完了。現在は草取りの日々。
 株間は、ねじれ鎌で楽にできるが、株元は手でヒエなどを抜く。苗が分げつできるスペースを開ける。
 敷草は、後から敷く。宍塚の田んぼと異なる草とモグラの穴で水を入れても抜けることに悩まされている。
 草の管理について、意見交換があった。管理しやすい草を増やして管理しにくい草を抑える方法はないものか
 福岡さんはクローバーを秋に種もみと一緒に泥団子に混ぜて蒔く。春になってクローバーが他の草を抑え稲が育つ。クローバーはマメ科なので窒素も固定化する。また畑で管理しにくいヤブガラシは、切るとかえって勢いが増す。刈らずに地面に丸くまとめて「よく頑張った。君の仕事は終わった。」と告げると枯れると以前ネットで見た(菊地)~反論もありました。孟宗竹の繁殖を抑えるには、根に養分を与える夏に切るといいと五斗播きにも書かれていました。草の性格を読み取り、その場の状況に応じた方法を考えるのも自然農の醍醐味かもしれません。

4.キャンエコ・筑波学院大との協働作業
 キャンエコ(法政大学の環境サークル)が、6/25,11/26ビオトープ作りを行う。その作業を自然農田んぼ塾が指導する。
 筑波学院大学の学生が、耕作放棄地を開墾し米作りを行う。開墾開始が7月になりそうなので、今年の米づくりは開墾地ではなく自然農田んぼ塾の田んぼの米づくりを一緒に行う。茨城県市民活動推進事業助成金を申請中。(7月頃、決定)

5.野良くらぶとの協働作業
 宍塚の在来種(タノクロマメ:大豆)を系統保全している。今年は田んぼのクロ(大麦を植えた所)に種をまく(6/20頃)。10月末に収穫。来年2月に味噌作り。

6.田中裕之さんの田んぼの田植え(6/4)と生きもの観察会
 場所は、つくば市山口地区(北条大池の裏)。沢水で無農薬・無施肥、1町歩を一人で手植え。地元の人の信頼も厚い。
 つくばの中心部からの家族連れが参加。

7.常陽リビング掲載の自然農を科学する~実践農家の畑から学ぶもの(6/17)
 茨城大学農学部付属サイエンス教育研究センター主催、阿見の浅野さんの畑、不耕起・無施肥。

8.SRI栽培実験と直播栽培実験
 今年の実験のポイントは、
 ①乳苗が中苗に対してどの程度効果があるか
 ②常時湛水と間断灌漑の比較でどの程度効果があるか
 ③もち米とうるち米との比較でどの程度効果があるか


 直播栽培の経過報告
 均平化、筋蒔き(4/29,30)、稲わらを被せ発芽の確認が5/12,発芽率(26~41%)

 稲わらの重みで種もみが沈んだため発芽率にバラつきが生じた。


菊地敏夫


2017年4月22日土曜日

4/22 自然農田んぼ塾開講式&種まき

2017年度自然農田んぼ塾開講式&種まき

本日(4/22)自然農田んぼ塾の開講式と種まきを行いました。
参加者:大人14名、子ども2
上高津貝塚資料館→大池→自然農田んぼ塾の田んぼ

   嶺田塾長からは、学生時代に福岡正信さんの自然農と出会い、田んぼの草に関心を持ったこと。
稲作が日本列島に4000年前位から伝わり、里山の谷津田のような湿地で米が作られたこと。
機械化が進み、谷津田での米づくりが経済的にも成り立たなくなってしまったこと。
一方で里山での田んぼ作りは様々な動植物にとって欠かせないものであること。
生きものいっぱい お米もざくざく みんなで楽しく 田んぼ作りは、この会の合言葉として谷津田に集う人々に受け継がれていくこと。

   及川理事長からは、里山の保全には地元の方、一般市民、学生、企業、行政が関わりを持っていること。
つながりを大切にして後世にこの里山を残してほしいと話がありました。

   逢坂さんからは、川口由一さんとの出会い。エピソード。
不耕起について、自然農は土を耕さないのはなぜ?という話を文献と自らの体験から話されました。
耕すことで土壌中の小動物・微生物の命が絶たれること。
耕さないことでミミズや微生物の働きによってバランスのとれた土壌になること。
自然農に切り替えてから、労力が大幅に削減できたこと。
抑草対策として、田植え前に生えている草の生長点を切ることと稲わらや枯草を数センチ上に敷くこと。

   菊地から今年のテーマ「自給的な暮らし」について話をしました。
先月会議で話し合った内容を具体的に進めていきたいと思います。ビオトープ、キャンエコとのミーティング(4/23)新規開墾(筑波学院大、4/24)作業スケジュールについても説明。

次回の作業は、田植え(511,13,14,18,20,21日)、田んぼ塾会議は527日(土)PM2:00~里山情報館です。

   自己紹介が終わり、大池に移動し昼食。
坂本ファミリーが歌(混ざる、どっちが強い弱い?、米)を披露してくれました。



   田んぼに移動し、種まきの開始。
最初に種まき具の使い方を説明。(穴の周囲に種もみを置き、1粒づつ穴の中心に種もみを置く。全部置いたら手前に少しずらす。器具を持ち上げ、落ちた種もみを確認。重なっている所や欠けているところを調整する。) 
以前は、バラマキで種まきをしていましたが、重なってしまったりムラがあったりで発芽がそろいませんでした。
それから改良を重ね、現在の形に至りました。おそらく日本中で宍塚だけの方法です。種まき具は逢坂さん手作りです。

参加された皆さん、お疲れ様でした。小さなお子さんも最後まで頑張ってくれました。
宍塚の里山には、普段ゲームや遊園地では体験できない色々な生き物がいますので、五感を研ぎ澄まして
遊びに来てください。

自然農田んぼ塾事務局
菊地敏夫